業務時間中のSNS画像

Q:当社の社員の中に、
業務時間中にも関わらずSNSへ投稿を
している社員がいます。

再三、業務時間中の利用を止めるように
注意をしておりますが、
一向に改善しません。

業務時間中のSNS利用を禁止できますか?

 

A.ルールを明確化すれば、業務時間中のSNSの利用を禁止出来ます。

スマートフォンの普及により、ブログ・フェイスブック・ツイッター・ラインなどのSNSを使って誰でも簡単に情報発信が出来る時代になってきました。

このため、社員が深く考えずに発信した情報によって、会社や取引先の情報が漏洩する危険性もあります。情報が漏洩することによる影響は甚大になる危険性も高いため、会社としてのルール化はしっかりと検討しておく必要があります。

具体的には、服務規程等に「業務時間中の私用メールの送信や、ブログ・SNS・掲示板等への投稿は行わない事」という様なルールを作って社員に周知徹底することになります。実際に過去の裁判事例では、社内を無断撮影してフェイスブックに投稿した事務員を解雇した事は有効であるとの判断も示されています。

SNS等に投稿をされると、様々な人が閲覧出来るだけでなく、ものすごいスピードで拡散する恐れもあります。特に最近では、携帯電話や通信環境の発達により、動画や音声なども簡単に投稿が出来るようになりましたので、あらゆる情報が簡単に拡散出来るようになりました。

このために就業時間中のSNS等の利用については、明確なルールを設けて禁止しておくことがトラブル防止に役立つと思われます。なお、就業時間中の利用については就業規則や服務規程等により禁止出来ますが、就業時間外の投稿については制限が出来ません。

ですが、社員によるSNS利用を放っておくこともリスクがあります。実際に過去の裁判事例では、会社の社会的評価に重大な影響を与えるような従業員の行為についても、私生活であれ会社が規制をすることは認められるとされています。そのためには、業務外であったとしてもSNS利用に関する注意喚起や利用に関する方針を示しておくことも有効になります。

具体的には、

・ 顧客情報や機密情報をブログやSNSに投稿しないこと

・ 著作権や肖像権などの権利を侵害する恐れのある投稿はしないこと

・ 会社の業績などの経営情報は投稿しないこと

・ 自社商品やサービスなどを必要以上に持ち上げる投稿はしないこと

・ やらせ等の行為や誤解を招くような投稿はしないこと

・ 他人や他社の批判をする投稿はしないこと

・ ネット上でトラブルになるような言動は慎むこと

・ 言葉遣いや表現に気をつけること

などの方針を明確にして社員に徹底させる事が重要です。

会社としてやってはいけない事をしっかりと明記して、徹底させる事で「ルールを破ると懲戒処分になる」と認識させれば、うっかり投稿をしてトラブルになる事を少なくする効果が期待出来るでしょう。そのためにもSNS利用に関するルールの明確化と徹底は会社を守る上で非常に重要であると言えます。

 

※この記事は過去にメルマガで配信した内容です。
法改正等により、現状とは異なっている部分がある可能性がありますことをご了承ください。

2016年9月26日(Vol.203)