マイナス金利の画像

マイナス金利が経営に与える影響

2016年1月29日に導入された日銀によるマイナス金利によって経営にどのような影響があるのでしょうか?

金融機関からの融資を受ける際の金利が安くなるのは歓迎ですが、それ以外の悪影響がどの程度あるのかが心配です。

 

A:想定出来ない影響も考えられますので、注意が必要です。

1月29日に日銀が発表したマイナス金利の影響が各方面に出始めています。一番わかりやすいところで言えば、日経平均株価とドルが安くなり急速に「株安」「ドル安」が進みました。特に輸出をしている企業にとっては「円高ドル安」による影響を受けることになりますので、為替相場の動きには注目しておられると思います。

「株安」「ドル安」以外にも大手銀行では普通預金金利の引き下げが発表されたり、法人取引においては口座管理料の徴収を検討しているとの報道もありました。マイナス金利導入により金融機関との付き合い方が変わっていく事も想定されます。もちろん、金融機関側は融資を行いたいとの思惑もあるのでしょうが、融資については当然ながら元金と金利の支払いが約定通り行わなければ金融機関側はリスクになりますので、マイナス金利=積極的に融資を行う方向へ一気に転換するとはいかないでしょう。

特に注意すべき点は不動産に関する融資です。不動産の場合は土地等の担保設定が出来るために金融機関にすれば積極的に行いたい融資であると言えますが、問題は融資を受ける側にとってその不動産の「出口戦略」が明確に描けるか?という点にあります。

事業用不動産で転売や移転等を全く考えないというケースなら良いのでしょうが、不動産投資や自宅購入として金利がやすい、条件が良いという理由だけで融資を受けて購入した場合、将来に転売出来るのか?という問題を見落としてはいけません。

ですので、不動産購入をする際には、金融機関からお金を借りる際の金利が下がったという理由ばかりにフォーカスするのではなく、出口を見据えた長期的な展望で検討を行ってください。

最後にマイナス金利導入に伴い、保険商品への影響も出始めています。相続対策に活用されている一時払終身保険の利率引き下げや販売停止などが行われていますので、相続対策等で保険を検討されている方は早めに意思決定をしていただいた方が良いでしょう。

ご相談等は何なりと弊社までお気軽にご連絡下さい。

 

 

マイナス金利の影響は?

Q:2016年より導入されたマイナス金利によっていろいろな方面に影響が出ていると思います。
会社を経営していく上で注意すべき点があれば教えて下さい。

 

 

A.融資はプラス、運用はマイナスに作用しています。

2016年2月に導入されたマイナス金利の影響がいろいろなところで出ています。大別すると「融資はプラス・運用はマイナス」に作用していると言えるでしょう。

まずは融資ですが、一番目立つのは住宅ローン金利の引き下げです。各銀行ともに過去最低に近い金利水準となっており、新たに住宅購入をしていただく場合にはプラスに作用しています。

次に企業向け融資ですが、こちらは住宅ローンほど目立った影響が出ていないのが実情です。新規融資を検討される場合には、過去に比べて有利な金利にはなっていますが、そもそも資金需要がそれほど旺盛ではないことと借入金を不必要に増やしたくないとの意向により、民間企業のアンケート結果では、有利な金利条件で新規融資を銀行より打診されても、そもそも借りないという企業も多いのが実状です。

運用面については、マイナス金利導入にともない銀行の預金金利は軒並み低下しており、以前よりほとんどなかった金利がほぼゼロに近い水準にまで低下しています。

さらにここに来て影響が出始めているのが保険会社の商品です。特に貯蓄性の商品については保険会社によっては販売停止にしたり、契約条件の制限などの動きが出ています。

具体的には、相続対策等で利用される事の多かった終身保険の販売停止や法人にて退職金積立等に利用される事の多かった長期平準定期保険や逓増定期保険・養老保険といった解約金が多く貯まるタイプの商品についても利率引き下げや販売停止の動きが見られる様になってきました。

特に法人で利用されている保険商品については、税の効果を含めてもメリットが減少する可能性がありますので、ご検討をされている方は少しお早めに検討をされる事をおすすめするのと同時に、過去に契約した保険商品は、今後はかなり有利な商品になってきますので、むやみに解約等をされない事も合わせてオススメいたします。

 

 

生命保険を使った資産運用

Q:マイナス金利が続く中、最近、生命保険を使った運用商品の話を聞く機会が増えてきました。話を聞いていると利回りは高そうなので良い様にも思いますが実際にはどうなんでしょうか?

生命保険を使った資産運用で気をつけるべきことがあれば教えてください。

 

 

A.リスクもありますが、2つの大きなメリットがあります。

マイナス金利が続く中、魅力的な運用商品が減ってきている状況下において、生命保険を使った資産運用も一つの選択肢として注目がされています。生命保険を使った資産運用については、大きく分けて外貨建て商品と変額保険の2種類があります。

外貨建て商品は、その名の通り保険料を米ドル等の外貨建てで支払い、保険としての保障も外貨建てで付いてきて、保険金や満期金・解約金等が外貨で支払われる保険商品です。

日本円の保険商品と違って、運用利回りが高いので日本円の保険と比べて少ない資金で保障が確保出来るのと、商品によっては資産が増えることが期待できます。

当然ながら外貨建ての商品ですから、為替リスクがあることは注意点であることと保険会社によって、保険料支払い時における円から外貨へのコストが違う点が挙げられます。これらのリスクをしっかりと認識しておけば通貨分散という観点からみても比較的良い商品であると言えるでしょう。

もちろん外貨で直接保険料を支払うことも可能ですので、法人・個人において外貨を保有されている場合には、その外貨を活用することも可能です。

次に変額保険ですが、この保険は契約時には最低の保険金額は保証されていますが、途中解約時の返戻金や満期金のあるタイプであれば、解約時や満期時に支払われる金額の最低保証はありません。

この変額保険については、支払った保険料の運用するファンドを契約者が選択出来るために、ファンドの運用状況によって途中で切り替えることも可能です。なお保険会社や運用するファンドによっては、高利回りが期待出来るものもありますので、実際に検討される際には過去の運用実績をしっかりと比較をしてください。

これら外貨建て保険や変額保険には、当然ながら為替や運用状況によって資産が目減りするリスクはありますが、活用については検討の余地が十分にあります。

◯通常の生命保険商品に比べて保障コストが安くなっているので、効果的に保障を確保することが出来る。

◯通常の生命保険商品と同様に各種税制メリットを享受出来る。

これら2点のメリットがありますので、法人・個人において生命保険を検討される際には、外貨建て保険や変額保険も合わせて検討されることをオススメ致します。

 

 

※この記事は過去にメルマガで配信した内容です。
法改正等により、現状とは異なっている部分がある可能性がありますことをご了承ください。

2016/2/25(Vol.172)、2016/8/8(Vol.199)、2017/9/25(Vol.248)