マンションの地震対策の画像
マンションの購入を考えていますが、
今回の様な大きな地震が起きた時に
大丈夫なのか心配です。

マンションの地震対策とは
どのようなものでしょう。

中古マンションでも大丈夫でしょうか?

 

A.建築基準法は、昭和56年6月の改正を境として
旧耐震基準と新耐震基準に大別されます。

現行の新耐震基準は、中規模の地震(震度5強程度)に対しては
ほとんど損傷せず、大規模の地震(震度6から震度7程度)に対しても
人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害を生じないことを目標としています。

最近は、建物を頑丈にして地震に対して対抗するだけではなく、
特別な装置を使って地震の揺れ自体を減らすマンションも増えています。

■ 「耐震構造」・「制振構造」・「免震構造」

・ 「耐震構造」…柱や梁を頑丈にして
地震の揺れに耐えるマンションは鉄筋コンクリートの柱や
梁、壁などの骨組み(構造躯体)で建物を支えています。

この躯体の強度を強くして、
建物が地震で倒れないように耐える仕組みが耐震構造です。

地震の大きさによっては壁にヒビが入るなど損傷させることで、
建物全体が倒壊することを防ぎます。

この耐震構造は地面に固定されてしなるように揺れるため、
一般的には上の階ほど揺れ幅が大きく、揺れ方が強くなります。

・ 「制振構造」…設置された制振部材が
地震の揺れを吸収する建物内に振動を弱める
クッションの働きをするダンパーと呼ばれる
制振部材を組み込むのが制振構造です。

地震が発生すると制振部材が揺れを吸収し、
揺れる時間が短くなるので、
構造躯体が損傷しにくくなります。

地震の揺れだけでなく、
強風による揺れにも効果があるので、
タワーマンションに採用されことが多いです。

一般的に上層階ほど揺れが大きくなる点は
耐震構造と同様ですが、揺れる時間は短くなります。

・ 「免震構造」…建物に揺れを伝えにくくする免震構造は、
地面に接する基礎部分などに免震装置を設置して
地面と建物を切り離し、
建物に地震の揺れが直接伝わらないようにする仕組みです。

ゴム製などの装置が地震の揺れを吸収し、
ゆっくりとした動きに変えることで建物に伝わる
揺れのエネルギーを小さくします。

耐震や制振構造はしなるように揺れますが、
免震構造はゆっくり水平移動するように揺れるので、
建物の中の人は強い揺れを感じにくくなります。

■それぞれの立地、建物規模に適した構造を

構造は地盤の状態や建物の高さ、
規模、形状などを考慮して決められるため、
一律に適した構造というものはありません。

耐震構造の建物は上層階になるほど揺れが大きくなるので、
15階程度の中規模の高さのマンションであれば、
耐震構造で十分といえます。

また高層マンションで採用される
制振構造や免震構造は装置に多額のコストがかかるため
販売価格もその分上がります。

■中古マンションの場合は・・・

最近の新築マンションの場合は、
上記のような耐震構造を採用していますが、
古い中古マンション場合は、耐震構造だけです。

ただし、昭和56年以前の旧耐震基準の場合でも、
中規模の地震を想定したものであり、
震度5強程度の揺れでも倒壊せず、
破損したとしても補修する事で
継続使用が可能ということが義務付けられたものでしたので、
まったく危険ということではありません。

また、その後、現行基準並みに耐震補強工事を
している建物もありますので、よく調べてみることです。

 

※この記事は過去にメルマガで配信した内容です。
法改正等により、現状とは異なっている部分がある可能性がありますことをご了承ください。

2016年5月2日(Vol.186)