黄金株の画像

Q:後継者に事業承継をするにあたり
発行済株式のうち一部を拒否権付株式(黄金株)にして
会社に対して影響力を持つ方法をアドバイスされました。

この「黄金株」についていろいろと調べてみると
メリットとデメリットがあるように思いました。

黄金株について教えて貰えませんか?

 

 

A:黄金株は「諸刃の剣」ですので要注意です。

「拒否権付株式(通称・以下「黄金株」)」とは、
株主総会又は取締役会において決議された事項を
拒否権付種類株主総会により拒否権を行使して
承認しないことが出来る株式のことをいいます。

この黄金株は、会社法の導入に伴い、
種類株式として単独で発行することが可能になりました。

この黄金株のメリットは、わずか1株から
発行をすることが出来る上に、
後継者の経営手腕に不安がある場合には
経営にかかわる重要な項目について拒否権を発動することが出来ます。

さらに相続・贈与時の株価算定においても黄金株は、
普通株式と同じ財産評価で良いと国税庁が認めていることもあり、
事業承継時に発行をすることで
前経営者の影響力を残すことが出来る手法として注目がされています。

しかしながらこの強力な「黄金株」ですが、
導入するデメリットも幾つかあります。

・ 黄金株発行の事実が登記簿謄本に記載されます。
中小企業における「黄金株」が上記の様に事業承継時の
支配権確保に使われるケースが多いため、

「後継者に不安があるので、
事業承継はしましたが経営権を支配しています」
と公表しているのと同じ意味となりますので注意が必要です。

・ 黄金株発行をしている場合においては、
事業承継時に金融機関からの融資については
個人保証が外せないケースがあります。

これは他の種類株式にも同様のことが言えますが、
前経営者が影響力を持っている場合、
前経営者の退任に伴って融資に対する
連帯保証を外さないケースもありますので、
事業承継時の個人保証については金融機関との調整が必要です。

・ 相続発生時の対処は必ず事前に行っておく必要があります。
想定外の事故等により、
黄金株を持っている株主が亡くなった場合、
この黄金株が意図しない相続人に相続されるケースも想定出来ます。

万が一のために遺言書の作成と「取得条項付種類株式」としておき、
いざという場合には会社が買い取りをする様にしておくなどの対策が必要です。

黄金株は「諸刃の剣」とも言える対策となりますので、
ご検討に際しては会社法並びに資産税に強い専門家へ
ご相談されることをオススメいたします。

弊社では提携専門家をご紹介することも出来ますので、お気軽にご相談下さい!