接待交際費の画像

接待交際費について教えて下さい。

Q:今年より接待交際費の上限が変わったと聞きました。

これから年末年始に得意先を接待する機会が増えます。

どのくらいまで使っても良いものなのでしょうか?

あと接待交際費と認定される経費はどのようなものなのでしょうか?

接待交際費について詳しく教えて頂けませんか?

 

A: 中小企業においては選択制となりました。

平成26年4月1日以降に開始する事業年度において、接待交際費の適用が2年間限定で改正されました。中小企業においては、接待交際費の50%相当額を損金参入するか、年間800万円以下までであれば全額を損金参入するかを選択できる様になりました。

この改正により、年間1,600万円までの交際費であれば、800万円までを全額損金に参入し、800万円超の部分については損金不算入にした方がメリットがあります。年間1,600万円以上の交際費であれば50%を損金参入し、残り50%部分は損金不算入にした方がメリットがあります。

そもそも「接待交際費」に該当するものはどのような支払なのかを確認しておきますと、

・ 「支出の相手方」が事業の関係者であること

・ 「支出の目的」が接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する「行為」であること

の2要件に該当するかどうかで判定がされます。なお1人あたり5,000円以下の飲食費で書類の保存要件を満たしているものについては、交際費に該当しないというルールも個別にあります。

実際に交際費を使うことで、ご本業において売上が伸びる、業務が円滑に遂行できるなどのメリットがあれば「投資」になりますが、メリットがなければ単なる「浪費」となり、現金と利益を流出させることになりますので、年末年始における交際費の使い方についてはしっかりと見極めて慎重にしたいところです。

交際費に関すること、それ以外の経営上の疑問・質問などがございましたら、お気軽にご相談下さい。弊社ならびに弊社提携の専門家が経営に関するご相談に全力で対応いたします。

 

接待交際費?旅費交通費?

当社では取引先を接待する機会が非常に多くあります。

接待が終わった後に当社の役員や社員が帰宅する際、タクシーを利用するとこのタクシー代は接待交際費になるのでしょうか?

それとも旅費交通費になるのでしょうか?

接待後のタクシー代だけでもかなりの金額になるので気になっております。

詳しく教えてください。

 

A.旅費交通費で処理をしても良いとされています。

事業を行う上で、取引先を招待して接待することは多くの会社で行われています。その接待が深夜になるケースも多くあります。取引先を接待した後、終電が出てしまっていたり、飲酒しているために車を置いてタクシーで帰宅をするケースもあるでしょう。

この接待後に役員や社員が使ったタクシー代は「接待交際費」なのか「旅費交通費」なのか?処理に迷うところです。顧問税理士や経理担当者が「接待交際費」として処理をしている場合もあります。

ですが、一般的には「旅費交通費」の処理で良いとされています。「接待交際費」に該当する支出は、「接待・供応・慰安・贈答」などの行為に使った支出とされていますし、取引先の方が帰宅し、別れた時点で「接待」は終了していると考えられるからです。

接待が多い会社によっては、接待交際費が一定金額を超えてしまったために全額が損金参入出来ていない会社もあるかもしれません。その場合には「余分な税金」を支払ってしまっている可能性があります。

ですので、接待後のタクシー代については全額を「旅費交通費」と処理をするように、経理担当者へ指示をされた方が良いと思います。さらには経理担当者が「旅費交通費」として処理をしていても、顧問税理士が「接待交際費」として処理をしてしまっているケースもありますので、きちんと確認をするようにしてください。

 

※この記事は過去にメルマガで配信した内容です。
法改正等により、現状とは異なっている部分がある可能性がありますことをご了承ください。

2014年11月27日(Vol.57)、2016年5月23日(Vol.189)