消費税アップについて、違う視点から。

適格請求書等保存方式(インボイス方式)。

令和5年(2019年)10/1のインボイス方式(適格請求書保存方式)導入にあたり、
新たに適格請求書発行者登録制度が創設されます。

原則として「適格請求書発行事業者」から交付を受けた
適格請求書」または「適格簡易請求書」の保存が
仕入れ税額控除の要件とされ、
登録事業者は適格請求書の交付・保存を義務付けられます。

「適格請求書発行事業者」は、申請書を提出し、
適格請求書を交付することのできる事業者として
登録を受けた事業者です。

免税業者は登録することができません。
登録は令和3年10/1から申請の受付が開始されます。

『なんのこっちゃ!』

なんか難しいことが書いてありますね。

これは、「全ての事業者に番号をつけますよ。」ということです。

番号をつけたくない事業者はそれはそれで良いんですが。

ここからめちゃくちゃ乱暴な書き方をします。ごめんなさいね。

思い切り中間を飛ばして結論を書くと、
番号をつけない事業者さんは商売がやりにくくなりますよ、ということです。

番号がない事業者は通常の企業取引からはじかれることになると考えられます。

なぜか?

益税という言葉をご存知ですか?

消費税を預かって払わなくて良いケースがあります。
この消費税を払わなくて良い事業者がいるんですね。

消費税の免税業者です。
事業開始後2年以内の法人、2年前の売上げが1000万円以下の事業者がそうです。

(この免税業者の手元に残るお金の合計が
消費税率8%の益税は5000億円にのぼると政府は発表しています。)

今まで消費税を預かって、消費税を払っていなかった個人事業主や
新しく作った法人は大いに影響が出ることになります。

インボイス方式が導入されると、
消費税を払っていない事業者(事業者番号のない)と取引をすると、
そこの分の消費税をかぶることになると言い換えてもいい状況になるのです。

となると、事業者番号登録をしている事業者はそういう相手と取引はできなくなりますよね。

あまり上手に説明はできませんでしたが、
10%に上がった後にこういうことが次に出てくることを覚えておいてください。